ドラムスティックの持ち方~ジャーマングリップ~

ジャーマングリップ

DUCCI(ダッチ)の動画型オンラインドラムレッスンを見て頂きありがとうございます!YouTubeのチャンネル登録の方もよろしくお願いします。

ども!DUCCI(ダッチ)です!今回はいくつかあるスティックの持ち方の中から方「ジャーマングリップ」についてです。

さっそく動画へ

と、その前に、スティックの持ち方はドラムを演奏する上でとても大切です。

基本中の基本になります。

この練習は特に、

ゆっくり、止まらずに、続けていきましょう!

ここでしっかり基礎を固めることによって今後の伸びが変わってきます。

  • 音色を良くしたい!
  • 抜ける音が出したい!
  • もっと速くたたけるようになりたい!

、、、等々

ほとんどの悩みがこのグリップとストロークを見直すことで可能になります!

 

経験者の方で演奏中に手が痛くなったり、マメが良く出来る人はいませんか?

実際に僕も始めたばかりの頃はそうでした(苦)

グリップの見直しとストロークを覚えてからはそのようなことは一切なくなりました!!

なかなかクセが取れずに時間掛かっちゃいましたが。。。

見直しをするのであれば早ければ早い方が良いと思います。

ちなみに痛い時には絶対に無理をしないで下さいね。

腱鞘炎になってしまうと大変なので。

 

しっかりとしたグリップとストロークが出来てくると、動かしやすくなるだけではなく、

ココ大切!音に大きな変化が表れます!

必ず変化が表れ始めます!!

肩の力を抜いて、動画を良く見て何度も練習して下さいね!

 

では話を戻します。

ジャーマングリップは手の甲が上を向いているグリップになります。

グリップエンドスティックの一番下の部分)が小指側から見えていますね。

動かし方は小指側を軸に腕を回す感じです。

※腕を固定して手首を動かすのではありません。

動画で見てもらった方が早いと思います!

大きい音が出しやすいので、ロック系で良く使っています!

それではジャーマングリップ動画をご覧下さい。

動かし方に注目して下さいね!

上の動画が見れない方はこちらからどうぞ。

Youtube

いかがでしたか?

ジャーマングリップぜひ覚えて下さい!

分からない所があれば何度も見直して練習して下さい。

 

-他のスティックの持ち方-

スティックの持ち方は大きく分けて「ジャーマングリップ」、「アメリカングリップ」、「フレンチグリップ(ティンパニーグリップ)」があります。

もうひとつ特殊な持ち方でジャズドラマーに多く見られる持ち方の「レギュラーグリップ(トラディショナルグリップ)」もあります。

左右同じ持ち方をすることを「マッチドグリップ」と言います。

どの持ち方が良くてどれが悪いということはありません。

色々と試してみて、自分に合ったグリップを見つけて下さい!

ゆっくり、止まらずに、続けていきましょう!
チャンネル登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA