ハイハットスタンドのセッティング

ハイハットスタンドのセッティング

今回はハイハットスタンドの「セッティング」についてです。

DUCCI(ダッチ)の動画型オンラインドラムレッスンを見て頂きありがとうございます!YouTubeのチャンネル登録の方もよろしくお願いします。

ども!DUCCI(ダッチ)です!

さっそく動画をみる

セッティングと言っても、今回はハイハットスタンドを組み立てる方の「セッティング」についてです。

どこにどのような角度で置けば良いかの「セッティング」ではありません。

その「セッティング」についてはまた別の機会に書きますね!

意外と多かった・・・

生徒さんの中でハイハットスタンドの「セッティング」が一からちゃんと出来ないという生徒さんがたくさんいました。

もっとビックリしたのは数年の経験者でも知らない人が多かったことです。

確かに一度「セッティング」してしまうとなかなかバラすことも少ないですし、 対バンライブでもペダルやスネアに比べて持ち込む人も少ないですからね。

ココ大事! でも、、、実は、、、トラブル発生率No.1なんです!!

ハイハットのトラブルはホントに多いです。

何度となく経験してきましたし、何度となくライブで見かけてきました。

少しの作業で安心して演奏に集中出来るようになります。 動画の中ではハイハットの「セッティング」における注意点2つ紹介しています。

※全てのハイハットスタンドが同じ組み立て方ではありません。

※動画で使用のハイハットスタンドは、組み立て方がオーソドックスなハイハットスタンドを使用しています。

2つの注意点はどのスタンドでも同じことですので、ライブ中のトラブル防止、不測の事態の対処方法の為に備えて必ずスタジオ等で確認しておきましょう。 しっかり覚えてマスターしましょう!

動画
上の動画が見られない方はこちらからどうぞ。

ゆっくり、止まらずに、続けていきましょう!
チャンネル登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA