ペダルの踏み方 スプリングを使おう!

ペダルの踏み方 スプリングを使おう!

DUCCI(ダッチ)の動画型オンラインドラムレッスンを見て頂きありがとうございます!YouTubeのチャンネル登録の方もよろしくお願いします。

ども!DUCCI(ダッチ)です!

今回はペダルの踏み方、スプリングの使い方です。

さっそく動画へ

今回はペダルの踏み方、スプリングの使い方です。

ペダルを踏む時に重要になってくる要素がいくつかあります。

その中で今回はスプリングをうまく利用する方法についてです。

生徒さんからの質問でも足に関することはすごく多いです。

特にバスドラムの音を大きくする方法、楽にバスドラムを演奏する方法、連打(ダブル)、音のバラつきを無くす方法が質問の大半を占めています。

解決策の一つとして、今回取り上げているスプリングがとても重要になってきます。

スプリングちゃんと使えていますか?

今、自分がどのようにペダルを踏んでいるのか、もしスマホをお持ちなら足元を撮影してみることをオススメします。

撮影してみると意外な発見があるものです。

では、スプリングの使い方に進みたいのですが、ペダルのセッティングはうまく出来ているでしょうか?

ペダルセッティングについてはこちらへどうぞ!

 

ペダルセッティングの記事でも話しましたが、セッティングはとても大切です。

まったく生まれ変わる可能性も秘めていますので、もし今お持ちのペダルがあって、使いにくいな~と思っている方は、ぜひ記事を見てセッティングしてみて下さい。

ペダルスプリングにもメーカーによって硬さが色々とあります。

僕は持っている全てのペダルのスプリングDWスプリングに変更してあります。張り加減は緩めです。

テンション掛かっていない所からだんだんと締めていきテンションが掛かったらところから2~3回締めた位です。

柔らかすぎず、硬すぎずおススメです。興味がある方はぜひ一度試してみて下さい。

では、実際にスプリングを使うにはどうすれば良いのかを動画をご覧下さい。

動画

上の動画が見られなかった方はこちらからどうぞ。

スプリングの使い方が分かって頂けたと思います。

練習してみて下さいね!

大切なことは、

ゆっくり、止まらずに、続けていきましょう!
チャンネル登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA